『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

【見えない腰痛の治療】 『筋肉』からの腰痛を根本から治す

見えない腰痛の原因は、4つに分類されます。

その1つが筋肉からの腰痛です。

《参照》

腰痛の大部分は『見えない腰痛』 〜見えない腰痛は自分で治そう!

 

 

この筋肉からの腰痛の原因となっているのは、脊柱起立筋と呼ばれる筋肉です。

脊柱起立筋に疲労物質がたまることによって、痛みが生じています。

 

f:id:Personalgenome:20141127143125p:plain

 

 

◉ではなぜこの脊柱起立筋に疲労物質がたまるのでしょうか?

 筋肉は主に浅層筋(アウターマッスル)と深層筋(インナーマッスル)とに分けられます。

 

浅層筋(アウターマッスル)は、体の表面から触れられるところにあります。代表的なのが大胸筋や三角筋大腿四頭筋で、脊柱起立筋も含まれます。

浅層筋は、体を動かすという役割があり、短時間に強力な力を発揮する能力に長けています。逆に持久力はありません。

 

深層筋(インナーマッスルは、体の深いところにあり、基本的に触れられないところにあります。代表的なのが棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋などです。深層筋の中で、腹横筋多裂筋が腰痛に関連しているといわれています。

深層筋は、体(関節)を安定させるという役割があり、長時間、小さな力で働き続ける能力に長けています。その反面、強力な力を発揮することはできません。

 

 

腰を安定させている腹横筋多裂筋などの深層筋の働きが、加齢や運動不足などで低下してくると、本来は体を動かす役割の浅層筋である脊柱起立筋が体を安定させるために使われます。

 

脊柱起立筋は、 長時間、小さな力で働き続けるのは苦手なため、筋肉に疲労が蓄積してしまいます。

この疲労物質が筋肉からの腰痛の原因となります。

 

筋肉からの痛みを根本的に治すためには、腰を安定させている腹横筋と多裂筋を鍛えることです。

 

 

◉腹横筋を鍛える方法

腹横筋はちょうど腰のまわりにコルセットのように存在している筋肉です。

f:id:Personalgenome:20141208124915p:plain

 

この筋肉を鍛えるためにもっとも簡単な運動がドローインです。

 

仰向けに寝て、背中を床に押し付けるように、息を吐きながら、お腹に力をいれて凹まします。

f:id:Personalgenome:20141208125455p:plain

 

1日1〜2回10秒程度から試してみてください。

この筋肉がしっかりしてくると、腰痛が改善するだけでなく、体のバランスがよくなり、立ち上がりや歩くことが楽になります。

 

 

◉多裂筋を鍛える方法

腹横筋がしっかりしてきたら、今度は多裂筋も鍛えてみましょう。

多裂筋は、椎骨を1つ1つ安定させている筋肉です。

f:id:Personalgenome:20141208134805p:plain

 

 多裂筋を効果的に鍛えることが出来る運動は、少々きついですが、ハンド・ニーです。

f:id:Personalgenome:20141208135035p:plain

出来たら今度は左右反対で行います。 

 

深層筋が弱っていると、ハンド・ニーは難しいかもしれません。もし難しいようでしたら、まずは腕だけ、脚だけで始めてみてください。

 

毎日続けていると、だんだん深層筋がしっかりしてきて、できるようになるはずです。

 

《参考図書》

 

 

広告を非表示にする