『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

腰痛の大部分は『見えない腰痛』 〜見えない腰痛は自分で治そう!

腰痛で病院に行ったけど、

痛み止め湿布で様子をみるだけでなかなか治らない・・

 

このように腰痛で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

私自身も腰痛で受診された方に対して、整形外科に紹介する必要があるかどうか(手術適応があるか)を判断して、紹介する必要がなければ、基本的には痛み止め湿布を渡すだけでした。

 

そして痛み止めが切れる頃に、また腰痛が悪化して受診されるという状況に、痛み止め&湿布以外に、根本的に治療する方法はないものかと感じていました。

 

そんな中、

この腰痛に対する痛み止め&湿布以外の根本的な治療を実践している、整形外科である、スポーツドクターの金岡恒治先生の著書、

 

腰痛がス~ッと消える 1日1分から!原因別運動療法 

 

に出会いました。

 

衝撃を受けました。

(是非腰痛にお悩みの方は一度読んで、実践してもらいたいと思います。)

 

 

 

その本の中で腰痛は大きく、『見える腰痛』『見えない腰痛』に分類されています。

 

整形外科で治療する領域は、見える腰痛です。

見える腰痛は、レントゲンやMRIなどの画像検査で骨や椎間板に異常が見えるケースです。

これらは治療法や手術が確立されているので、整形外科でしっかりと治療をうけましょう。

 

治療が難しいのは、見えない腰痛です。

見えない腰痛は、画像検査では骨や椎間板に異常が見えないケースです。

根本的な原因がわからないので、現状は基本的に痛み止めや湿布を渡すだけになっています。

 

しかしながら、腰痛の大部分が見えない腰痛です。

f:id:Personalgenome:20141125163729p:plain

そこでこの見えない腰痛を、

画像診断ではなく、腰痛の仕組みを考え、状況証拠を揃えて、根本原因を特定し、 原因に則した運動療法で、改善していこうとしています。

 

金岡恒治先生は、スポーツドクターとして、アスリートの腰痛を改善させるために、腰痛に関するさまざまな知識を得て、見えない腰痛の根本原因を導き出されました。

 

『見えない腰痛』を状況証拠で診断すると、4つの原因に分類されるようです。

①椎間板、②椎間関節、③仙腸関節、④筋肉その他です。

f:id:Personalgenome:20141125170213p:plain

 

  

そして4種類の見えない腰痛、その原因毎に治療する方法が説明されています。

整形外科的な知識は乏しいですが、その内容に納得できます。

 

私自身の腰痛は、状況証拠から『椎間板』が原因の腰痛と診断し、運動療法を試してみました。

 

試したところ、趣味のテニスをすると腰痛が出現していたのが、

最近、まったくといっていい程、痛みを感じることがなくなりました。

 

腰痛に悩まれている方には、是非読んで欲しい1冊です。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする