読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

パーソナルゲノム医療とは?

私たちはまさに医療革命の前線にいる。

「サイズの決まった既製服を押しつける画一的な医療」から、

「遺伝子レベルでの個人の違いに合わせる医療」(パーソナルゲノム医療)へと、

大きく転換していく流れの先頭にー       

  〜 遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える より 

 

 

現在の医療は、

病気の症状が出るまでは健康だとみなしてきた。そして病気と診断されると、自分に適しているかどうかは別として、統計学によって標準化された治療を行う。病気の原因となる遺伝子や環境は人によって違うので、ある人に効く治療が別の人には効かないということが起こる。標準化された画一的な医療には限界がある。

 

目指すべきパーソナルゲノム医療とは、

個人個人の生命の言語であるDNA配列を解析し、自分の生命の設計図である遺伝子(パーソナルゲノム)の特徴を知り、自分のかかりやすい病気を発症前から環境を含め予防、治療していくことである。

 

癌、心臓疾患、アルツハイマー病などのリスクについて事前に知り、その原因となる遺伝子に適した医療が、今始まろうとしている。

 

さぁ、あなたも遺伝子検査を受け、パーソナルゲノム医療専門医に相談し、パーソナルゲノム医療を始めよう!

 


 

日本パーソナルゲノム医療学会

 

広告を非表示にする