『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

2型糖尿病【遺伝子検査の比較】

糖尿病は慢性的に血糖値が上昇する病気です。

糖尿病を放置すると失明したり、手足がしびれたり、腎臓が悪くなり透析が必要になったり、脳梗塞心筋梗塞などを発症しやすくなります。

 

 

?評価しているSNP

MYCODE

① rs7612463 ② rs6769511 

③ rs7656416 ④ rs2206734 

⑤ rs515071   ⑥ rs2383208 

⑦ rs7901695 ⑧ rs2237892 

⑨ rs7172432

 

HealthDataLab

① rs2237892 ② rs2383208 

③ rs6815464

 

23andme

① rs7903146 ② rs1801282 

③ rs5219       ④ rs4402960 

⑤ rs1111875 ⑥ rs4712523 

⑦ rs13266634 ⑧ rs2383208 

⑨ rs2237892

 

 

?実際の解析結果(発症リスクの比較)

性別 / MYCODE / HealthDataLab / 23andme

①男性/ *0.36倍/ *0.60倍/  0.59倍  

男性/ *1.10倍/  1.22倍/  0.87倍

男性/  0.59倍/  0.60倍/  0.78倍

 

*23andmeで解析したSNPの生データにより算出しています。

 

 

?比較のまとめ

各社共通して評価しているSNPが2個ありました。他の15個のSNPは各社が独自に根拠があると判断して評価しています。

このため発症リスクは検査会社によってばらつきがあります。②男性ではHealthData Laboと23andmeで正反対の結果が出ています。

 

各社の参考文献をみてみると、

MYCODEは、理化学研究所を中心とした研究グループが、日本人の2型糖尿病患者と健常者を網羅的(1000人以上)に解析した論文をもとに評価しています。

HealthDataLabは、糖尿病に関連しているとされる3遺伝子の最新レビュー論文をもとに評価しています。

23andmeは、設立時期(2006年)から2008年の間に提出された論文をもとに評価されています。

 

個人的な印象として、

MYCODEは日本人を対象とし、HealthDataLabは遺伝子を対象とし、23andmeは設立時期を対象として評価しているように感じました。

(*参考文献を精読し、私たちに詳しく説明してくださる方大歓迎です。)

 

 

広告を非表示にする