『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

第3回パーソナルゲノム医療学会開催

 2015年1月10日ハイアットリージェンシー大阪で

『第3回パーソナルゲノム医療学会』を無事開催することが出来ました。

 

討論の内容は、

①2015年現在、様々な企業が遺伝子検査サービスを提供している。実際に遺伝子検査を体験し、それぞれの特徴を含めて情報発信し、遺伝子検査の普及に務める。

 

②講演会、メディアなどを通じて、まずは『パーソナルゲノム医療』という言葉の認知度を高める。その中でパーソナルゲノム医療の実現に協力してくれる方、企業を増やしていく。協力企業は学会ホームページで紹介する。

 

③2015年現在、遺伝子検査の臨床有用性が確立されている遺伝性疾患(単一遺伝子疾患・家族性腫瘍等)について、学会員での情報の共有、一般の方への情報提供を行っていく。

 

本年度もよりよい医療を未来にむけて実現していくために、

皆様のご意見・御指導よろしくお願い致します。

 

 

広告を非表示にする