『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

MYCODE 体験記No1

DeNAライフサイエンスが提供する一般消費者向け遺伝子検査『MYCODE』が8月12日よりサービス開始しているので、早速Amazonオールインワン280+に申し込んでみました。

 

f:id:Personalgenome:20140822100831p:plain

 

数日でおしゃれなロゴが目立つ箱が届きました。

内容物は全8点

f:id:Personalgenome:20140822101708p:plain

 

おまけ!?で唾液を出しやすくするためのレモンの写真カードも付属。

小さな心配りが細部に宿っていて嬉しい。

f:id:Personalgenome:20140822101858p:plain

 

注意事項を確認してMYCODEのウェブサイトで会員登録。

f:id:Personalgenome:20140822102753p:plain

 

会員登録が完了したら、マイページで検査コードを登録。

『遺伝子検査申込書 兼 同意書』の右下に貼られたシールの数字と電話番号を入力。

f:id:Personalgenome:20140822104739j:plain

登録が完了するとアンケートをすすめられます。

アンケートはたくさんあるので一度に全部答えるのは難しいので優先順位の高いものだけ答えました。

f:id:Personalgenome:20140822105355p:plain

次に 『遺伝子検査申込書 兼 同意書』に記入。

研究へのご協力のお願いの項目があり、ヘルスビッグデータを作成するために使用するとのこと。ビッグデータの構築こそが重要だと感じているので同意するにチェック。

 

最後に唾液を採取。

f:id:Personalgenome:20140822113149p:plain

唾液を採取したら、透明パックにいれます。

 

返送用封筒に以下の2点をいれて郵便ポストに投函。

f:id:Personalgenome:20140822113535p:plain

送料はDeNAライフサイエンスが負担してくれます。

どんなサービスが受けられるか楽しみです。

 

 

 

 

広告を非表示にする