『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

癌は遺伝子変異を経て進行する

「癌遺伝子」か「癌抑制遺伝子」に一か所変異が起きただけで癌になるのなら、

人はとっくに絶滅していただろう。

  〜 遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える より

 

 

わたしたちの体は60兆個の細胞でできており、毎日約15兆個の細胞が死んで入れ替わっている。

細胞が新しくなるときにDNAを複製するが、そのときに出るエラー率はわりと高く、遺伝子の変異は毎日、何度も起こっている。だが、その変異によってすぐに癌細胞ができるわけではない。

 

正常な細胞が手に負えない不良細胞、癌細胞になるまでには、いくつかの遺伝子変異が重ならなければならない。(下図参照)

 

 

f:id:Personalgenome:20140310121342j:plain

 

 

つまり、癌細胞が大きくなり転移して治療が困難になるまでには、何段階かの遺伝子変異が累積しているのである。

それまでの間に遺伝子検査、アミノ酸検査、画像検査などで、早期予防、早期治療するのが望ましい。

 

また、遺伝的に癌リスクのある人が、なぜ癌になりやすいかも説明できる。

遺伝的に癌リスクのある人は、すでに第一段階の遺伝子変異を体内のすべての細胞にもっているので、そうでない人よりも一段階、癌になりやすいというわけだ。

 

それ以外の遺伝子変異、後天的な変異には環境要因が大きくかかわっている。

 

 

(参考)

遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える

 

さぁ、あなたも遺伝子検査を受け、パーソナルゲノム医療専門医に相談し、パーソナルゲノム医療を始めよう!

 

日本パーソナルゲノム医療学会

広告を非表示にする