『パーソナルゲノム医療』時代のはじまり

個人個人の遺伝子を解析し、それぞれに適した医療をする時代がすぐそこに

癌はゲノムの病気

癌は身体のあらゆる組織を襲う。

襲う組織によってそれぞれ大きく異なる症状や経過を示すものの、

基本的なメカニズムはDNAの配列の乱れだ。

それにより、細胞増殖が野放しになってしまう。

  〜 遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える より 

 

 

癌に関係する遺伝子は三タイプに分類されている。

癌遺伝子」、「癌抑制遺伝子」、「DNAミスマッチ修復遺伝子」である。

 

「癌遺伝子」は細胞の分裂、増殖を促進する蛋白質を指示している(コードする)。

これらの遺伝子によって、私たちはみな一つの細胞(受精卵)から発生、成長できているのだ。また身体が傷ついたときの修復や、 古くなった細胞の再生にも不可欠な遺伝子である。

「癌遺伝子」は通常、厳しく統制されているため、細胞の分裂、増殖が必要になったときにしか働かない。しかし、「癌遺伝子」に変異があると常に細胞を増やす命令が出ている状態、ちょうど車のアクセルを踏みっぱなしの状態になる。

たとえば「癌遺伝子」のひとつであるRASは、たった一塩基が入れ替わっただけでアクセルを「オン」にする蛋白質がつくられてしまう。ちなみにRAS変異は大腸癌と膀胱癌に高い確率でみられる。

 

「癌抑制遺伝子」は細胞の分裂、増殖を抑制する蛋白質を指示している。

車に例えるとブレーキにあたる。だが、「癌抑制遺伝子」に変異があるとブレーキが利かなくなる。

最も有名な「癌抑制遺伝子」は「ゲノムの守護者」とも呼ばれているp53だ。このp53は通常、DNAに損傷があったときに働き、その損傷が修復されるまで細胞の増殖を止める。それがうまくいかないときは、細胞みずから自殺(アポトーシス)させて、損傷したDNAを有する細胞が増殖しないようにする。

 

「DNAミスマッチ修復遺伝子」はDNA配列のミスを見つけて直す蛋白質を指示している。

細胞が分裂するためにはDNAを転写、複製する必要がある。このとき、ある一定の確率でDNA配列にミスが起こる。

「DNAミスマッチ修復遺伝子」に変異があるとDNA配列のミスが修復されず、さまざまなエラーがゲノムに紛れ込むことになる。「癌遺伝子」や「癌抑制遺伝子」にエラーが起こって、それが修復されなければ癌になりやすいのは想像しやすい。

 

 

(参考)

遺伝子医療革命―ゲノム科学がわたしたちを変える

 

さぁ、あなたも遺伝子検査を受け、パーソナルゲノム医療専門医に相談し、パーソナルゲノム医療を始めよう!

 

日本パーソナルゲノム医療学会

広告を非表示にする